葬儀を行なう目的とは

何故亡くなった人がいると葬儀を行うのでしょうか?人は社会的な動物であり、生前に関係を持っていた社会に対してお別れの通知をするために行うといわれています。また人が亡くなるとあの世へ送られるという考えがあることから、この世からあの世への移動する儀式として葬儀が行われるのです。

家族葬と一般葬儀の違いについて

ごく身近な人たちの間で行われる家族葬

家族葬とは身内や親族など、ごく身近な間柄が集まって行われる葬式です。家族葬といっても今までの葬式と内容は大きく変わりません。ただ身近な人たちの間だけでとり行うので、故人や遺族の希望をかなえやすいといったメリットがあります。

葬式に訪れる人が幅広い一般葬儀

一方で一般葬儀は親族だけでなく、仕事関係や近所の人たちなど呼ばれる対象が幅広いです。そのため、葬式に参列する参加者が多くなります。一般葬儀では遺族にとって面識がない人たちがたくさん訪れるため、もてなしやしきたりを重視する傾向にあります。

家族葬が人気となっているワケ

今は家族葬が注目されています。家族葬では身内や親しい人たちだけで葬式を行えるため、故人とお別れする時間をたっぷり設けることができます。また一般の葬式だと気持ちの整理がつかないまま、会場の手配や弔問者との挨拶や香典返しの準備などを行わなければなりません。これでは心身ともに疲れてしまいます。一方で家族葬ならば、ごく限られた人しか参加しないため準備にかかる手間を省くことができるのです。

知識を得て後悔しない葬儀にする|故人をしっかりと供養しよう

女性

葬儀をするのに必要となる費用と相場

葬儀をとり行う上で気になることの1つに費用が挙げられます。葬儀を行う機会など滅多にないので、葬儀の費用相場について分からない人は少なくありません。日本消費者協会によれば、葬儀の費用は平均で約189万円となっています。また葬儀の費用は大きく葬儀本体・飲食・寺院の3つに分けることができます。葬儀本体には会場や火葬場の使用料などが含まれます。飲食関係では通夜や告別式のときに弔問者にふるまう食事の費用が必要です。寺院には戒名代などが該当します。葬儀の規模によって費用は異なるため、葬儀会社との相談が必要です。

線香

葬儀を行なうための準備やマナーについて

家族など身近な人が亡くなったら、お通夜や告別式など短期間でやらなければならないことがたくさん出てきます。基本的には葬儀会社と連絡しながら祭壇や返礼品、料理や予算のことも考えながら取り決めを行いましょう。また宗派や地域によっては、葬儀の流れが異なることもあります。そのため、親族や葬儀会社の担当者とよく相談して、葬儀の形式を決めなければなりません。更には喪主の正しい服装・葬儀の日程など細かいマナーにも気を付ける必要があります。

葬儀会社へ依頼する前に知っておこう!葬儀に関する疑問点

葬儀会場

葬儀会社はどうやって探せばよいですか?

葬儀会社に葬儀を依頼する機会は人生でそれほどありません。だから葬儀会社をどうやって選べば良いか分からない人は多いでしょう。葬儀会社の探し方や選び方にはいくつか方法があります。まずは病院や知人から紹介された葬儀会社を利用する方法があります。続いて、電話帳やインターネットを使って自分で探してみることもできます。

東京にある葬儀会社を紹介