HOME>コンテンツ>葬儀社選びのポイント【故人を偲んで見送ろう】

葬儀社選びのポイント【故人を偲んで見送ろう】

お花

変化している葬儀スタイル

お葬式と言われると、亡くなった方の前に親族や親しかった人が集まり、お坊さんがお経を上げ、各人が祭壇に向かいお線香をあげるものと答える人が多いのではないでしょうか。その昔は、亡くなった方の家を使い、通夜告別式を行って来ましたが、今では会館を利用したり、お寺や斎場と言った場で行われたりすることが、一般的です。ですがその一般的な場で行われる葬儀においては、以前のように決まり切った形で行うことなく、亡くなった方の希望に沿う葬儀も行われるようになったと言われます。例えば、お坊さんを呼ばない式や、音楽家だったことから音楽を流しながらの式など、亡くなられた方の希望や喪主の希望の沿った形の式も多くなっています。更には、喪主さんが大阪に住まず地方に住む場合も多くなっていることから、通夜や告別式を行わず、直接火葬場へ行くと言ったことも行われるようになっているようです今の時代、形に囚われない式が多くなっていると言って良いのでしょう。

ろうそく

葬儀業者選びの基本とは

葬儀業者探しは、本当に大変なことになります。まず、時間がないことが多く短時間で、良い業者を探すことが必要になるからです。そのためには前もって調べておくことが良いのですが、多くの人は縁起でもないと、探すことは少ないようです。病院で亡くなられた場合には、病院でも紹介してくれますが、ベストとは言い切れません。費用が高く付く例にあり、一概にお勧めは出来ない場合もあるようです。業者探しには、短い時間ですが、複数の業者から見積もりを取ることです。更には担当者と話しをして、自分と相性の良い人を選びましょう。面倒なことが多く、相性が良いことで、話などもスムーズに進みことが考えられるからです。また、大阪商人だからと言って、値切ってばかりでもいけません。必要な経費にはキチンとお金をかけるべきで、商談の途中などにいい加減な返事をする所はいけません。親切で丁寧な話をしてくれる業者を選びましょう。安かろう悪かろうでは、せっかくの葬儀も台無しになります。